Telex-kansai corporation/Arrow-japan corporation

「未来のあたりまえ」
世界

産業革命の時代。
19世紀末のアメリカ。路面電車と馬車が街の中を走っていた頃。
馬車の轍(わだち)で道路は非常に悪路。
自動車は金持ちのおもちゃ。庶民の手に渡るなんて誰も信じていなかった。
しかし、頑丈かつ低価格な自動車が世に広められ、
1900年代初期には、1500万人の庶民が自動車を「あたりまえ」に使う時代に変わった。

情報革命の時代。
1990年代の日本。
まだ世の中の家庭のほとんどが電話回線しか使っていなかった頃。
パソコンを持っている家庭がインターネットに接続する手段は電話回線。
「ダイヤルアップ」という手法が全盛期で、インターネットを使うたびに電話をつなぎ直す。
その頃、インターネットを常時接続できる時代が来るなんて誰も実感がなかった。
しかし、ADSLというブロードバンドが世に広められ、
日本の一般市民がインターネットに常時接続するのが「あたりまえ」の時代に変わった。

さらに、
情報革命が進むと、モバイル機器の役割が進化した。
かつて、携帯電話は「通話」という機能がメインであった。
インターネットに携帯電話から気軽にアクセスできる時代が来るとは誰も想像だにしていなかった。
それが、今やスマホからインターネットに接続し、様々なアプリを使うことが「あたりまえ」の時代に進化した。

いつの時代も、誰も未来の世の中をイメージできていないときに、誰かが「未来のあたりまえ」を世の中に広める。

このように、「未来のあたりまえ」を世界に拡げていくのが私たちの使命である。
私たちは、一人ひとりが「未来のあたりまえ」を世界に拡げる主役となる。