"声"という会社の顔の話

scroll

木田 麻美

人財開発部人財戦略課

scroll
  • #

    会社に入ってからの自分の成長や夢についての言葉

    ずっと接客業をしてきましたが中途採用で、人事部としてアロージャパンに入社しました。
    人事部といっても事務なので、入社当初は人事部という意識はありませんでした。
    今までの経験を生かせる要素はほとんどなく、何が正解なのか分からないまま過ごしていました。
    学生さんと関わる場面でも「事務だから」という気持ちがあり、あまり話さないようにしていました。
    そんな時、安東常務に「うちの人事部は接客のプロがいる、遠慮せずにもっと学生さんと話していいよ」とお話していただきました。遠慮はずるい、と。
    その言葉があったおかげで、私も人事部の一員と自覚出来るようになり、学生さんにも自分から話しにいくようになりました。
    学生さんと話す機会が増えると、社内でも自分から話すようになりました。
    これからもずるい遠慮はせず、会社の一員としてあつかましく! をモットーに精進していきます!

  • #

    学生に向けて伝えたい自分なりの言葉

    アロージャパンは頑張っている人を応援してくれる、ほめてくれる会社です。
    私は普段は学生と電話での関わりがほとんどです。
    電話対応が多くある中で、お互いに顔が見えないため冷たい印象を与えてしまうかもしれません。そのため電話越しでもアロージャパンの会社の雰囲気がわかるようにいつも以上に明るく、いつも以上に丁寧に対応するように心がけています。
    上司や同僚からは電話対応についてよく褒めていただけます。
    社会人になると人から褒めてもらえることって少なくなります。
    でも社内では毎朝の朝礼やアプリを使って褒める機会が多くあります!
    褒められてスタートする1日、そんな素敵な取組みをしているアロージャパンをたくさんの人に知って欲しいです!