販売スタッフから常務になった男の話

scroll

安東 由歩

常務取締役
2003年にテレックスグループ入社
店長/統括マネージャーなどを経て、2014年から現職

scroll
  • #

    会社に入ってからの自分の成長や夢についての言葉

    常務取締役なんていう大層な役職を頂いていますが入社当初は販売スタッフで入社し夢や目標なんて全くありませんでした「30歳になったらこんなもん、40歳になったら・・」と人生に対し勝手なイメージを持っていました。しかし入社してすぐに社長のある一言がきっかけで私の人生が180度変わりました。
    チャレンジする楽しさ、任される難しさをたくさん経験しました。失敗もたくさん経験しました。
    現在あの頃まったく想像できないくらい楽しい時を過ごしています。
    今は人事をメインにさせてもらい多く学生さんと関わります。人生のターニングポイントに関われる立場です。
    5年後、10年後「安東と話して人生が変わった」って言われるような仕事をしたい!そういう想いでひとりひとりの学生さんと本気で関わっています!

  • #

    学生に向けて伝えたい自分なりの言葉

    学生から社会人になりたくないと思っているあなたへ。

    社会人になるのってイヤですよね。
    学生時代がずっと続いたらいいのにって思ってますよね。
    残念ながらそれはあなたが見てきた大人たちが創ったイメージです。
    社会人めちゃめちゃ楽しいですよ。
    社会人には定期試験はありません。
    宿題もありません。
    社会人は目標を自分で決められます。
    夢も自分で決められます。
    強制されることはありません。
    すべてはあなたの自由です。
    めちゃめちゃ楽しいです。
    でも・・
    自由だから誰もやりません。
    自由だから誰も夢や目標をもちません。
    人は弱いです。
    自由は人から夢を奪います。
    部活であれだけ情熱的だった彼でさえ奪われます。
    人は弱いです。
    本当の自由を手に入れたとき。
    忘れたくない夢や目標を持っているのなら忘れない環境に身を置きましょう。
    どんな仕事をするかも大事だけどどんな環境なのかがもっと大事です。