コーポレートデザイン事業について

scroll

コーポレートデザイン
事業について

ー昨日とは違う目線を持ち全員でよりよい環境をつくるー

scroll
  • 昨日とは違う目線を持ち全員でよりよい環境をつくる

    昨日とは違う目線を持ち
    全員でよりよい環境をつくる

    我々は一般企業でいう、本社の役割を担う部門です。従来的な「店舗管理」や「数字管理」だけをするのではなく、 「会社全体を変化させて、人を創っていくこと」を目的にしようと、その思いを反映させるべく、“コーポレートデザイン事業部”という名前に改めました。 我々が会社をつくるという意識改革のために、呼び名を変えたんです。それに続き、ずっと店舗で行われていた取り組みを本社でも行うようにしました。 具体的にいうと、「昨日とは違うことを一つ行い発表する」というものです。

  • 当たり前のことを、当たり前に思わずに、努力する

    当たり前のことを、
    当たり前に思わずに、努力する

    これにより現場社員の声が出やすくなり、小さなことですが集計のやり方を一つ変えるだけで業務時間が効率化し短縮されたりと、長い目で見たらとても価値のある発見や変化がたくさんありました。 正社員もパート社員も関係なく、“当たり前のことを当たり前に思わずに、努力する”ことに向き合えるようになりました。

  • 生まれたアイデアで改善

    生まれたアイデアで改善

    社員から生まれたアイデアが形になったもの、それが神戸本社10Fにある社員の休憩場所 【LinkSpace】です。社員の懇親会やお昼休憩場所として主に利用され、最近では他企業様を招いたパーティや、学生が集まった際のイベント、食事会会場として利用されています。以前までは社員の休憩時間も場所もバラバラで、個々人で取る人が大半だったのですが、今ではみんなで食事を取ることが当たり前。この場所での食事や懇親会を通じて、さらに社員間のコミュニケーションが図れるようになりました。構想段階からありましたが、夜はBARとしても活用でき、社員をはじめ弊社に関わる人々の憩いの場となりました。

  • 社会全体を変化させ人を創る

OTHERS