Telex-kansai corporation/Arrow-japan corporation

お客様に感動や喜びを与えるためには、
従業員のやる気やお客様を喜ばせたい
という気持ちが根底にあるかどうか


代表取締役/CEO 上村 計明
Telex関西 ArrowJAPAN

私が会社経営において意識していることは、
戦略戦術よりもまず社員がやりがいを感じるかどうか

この根底の有無次第で全ての戦術、戦略が
上手く行くか行かないか決まります。
一人の人間は弱い。
しかし周りが頑張っていたり、そういう空気があると
自分も正の方向に流れていきます。
何よりもそういった空気感、環境づくりが重要です。

”やりがい”が根底にある上で、
社員一人一人がいろいろなアイディアで
会社をデザインしていけるような人材を育成し
今後の事業展開を広げていきたいと思います。

私たちが目指すのは、 人財育成においてキーポジションとなる College・Coaching・Consultingの部門。
ヒト育経営は、 ヒューマンスキルを高めることを 一つの目的としています。
知的スキルを習得できたとしても、 ビジネスの現場では、 人間力が問われるシーンが少なくありません。
この業界で培ったノウハウを軸として、 2025年に向けて、 道なき道を切り拓いていきたいと思います。

人が変われないのは、
言い訳をする知恵がついたから。

何かを成し遂げるには、
いくつもの困難と遭遇することが少なくありません。
遭遇する度、何かにつけできない理由を並べる人がいます。
自分自身がどうしようもなく
八方塞がりのときもあるかもしれませんが、
そこから逃げ出すのではなく、
今より少しでも良くなる方法を考え出す努力をしてほしいのです。
そして、ぼんやりでも考え出すことができたら
思い切ってアクションを起こしてほしいのです。
必ず解決できるヒントが現れますから。
難しいことにチャレンジしろとは言っていません。
何もせず、できない理由を並べていることに
寂しさを感じるんです。

現場の声を拾うために、
+Voice(※図1)という仕組みを導入しましたが、
当初は、会社や仕事に対する不満や愚痴ばかりでした。
すべてに対応することはできませんが、
一つ一つ諦めずに解決策を見出していくことで、
現場から職場環境が良くなる提案が上がるようになったのです。
どうせやるなら、何が何でもといったシンプルですが
熱い想いを持って取り組みたいものですね。

※図1 実現 +Voice 提言 対話

感謝は、人を動かす。
ただし、心に響くことが条件。

感謝の心は、伝わってこそ
相手もまた親切にしようと思うものです。
人は、自分はしている、してあげている。
と思っていることが少なくありません。
何かを期待して親切心の押し売りをする必要はありませんが、
返報性という言葉もあります。
何かをしてもらったら、返したいという自然な心です。
心のこもった想いを言葉に、またカタチにして返すと
相手は想像以上に喜んでくれるものです。
そんな関係を築き、輪がひろがっていくと素敵ですよね。
人は感情を持つ生き物です。
どんなときに喜びを感じるのか、
考えるだけでもワクワクします。
それが、何かを成し遂げようと
一緒にがんばっている仲間ならなおさらですよね。

無関心が、
人の成長速度を鈍らせる。

人が成長するタイミングというのは、
何か夢中になれるものを見つけたときです。
誰でも何かしら経験があると思うのですが、
大好きなものに出会ったとき、
時間を忘れて取り組んできたと思うのです。
そんなときは、確実に成長スピードが上がっています。
すべての関心事が、その1点に集中しているからです。
仕事の中でも必ずあります。
自分らしくいられる瞬間を想像してみてください。
その時間はまぎれもなく、他の事をしているときよりも
充実しているため自然と成長しているのです。
イメージできますか?
周りは、そのことに気づいているはずです。
その人物が夢中になっていることを。
それを見つけたときがスタートなんです。
何十倍ものスピードで成長していきますから。

Kamimura KazuakiPROFILE

1966年、兵庫県生まれ。1984年に神戸村野工業高等学校を卒業し、摂津物産株式会社に入社。家業継承を経て、1995年に株式会社テレックス関西を設立し、代表取締役/CEOに就任。2011年にアロージャパン株式会社を設立し、代表取締役/CEOに就任。テレックスグループをけん引し、2014年度は、グループ年間売上高100億円を突破。10年ビジョンで1000億円到達を目指している。