Telex-kansai corporation/Arrow-japan corporation

髙田勝彦TAKATA KATSUHIKO

目標達成のために自分自身で掴んだチャンス

髙田勝彦

コーポレート職

2017年入社

大学3年生の時にアロージャパンのインターンシップへ参加し、会社の魅力を知る。複数の社員から話を聞き、自分の夢や目標を本気で応援・サポートしてくれる環境があると確信が持てたため入社を決める。

キャリアサマリー

販売スタッフ

入社後、ソフトバンクショップへ配属。販売のプロフェッショナルとしてお客様一人ひとりと向き合い、商材やサービスの提案を行う。型にハマった提案ではなく新たな価値を提供することで、交渉力や提案力、人間力を身に付けていく。

人財開発部 人財戦略課

コーポレート職である人財開発部・採用戦略課へ異動。採用計画に基づき、会社が必要とする人材を採用するための活動を行う。インターンシップの企画・運営、就職イベントへの出展、セミナーや選考会の実施、面談や内定後のフォローなど、活動内容は多岐にわたる。

周りと比較し落ち込んでいた自分

入社後は、ソフトバンクショップへ配属となりました。最初は全く結果が出ず、苦しい思いをしていました。すぐには結果を求めてはいけないとは思ってはいましたが、私の性格的に常にどんな分野でもトップを取っていきたいと思っていたので自分を責めてしまっていました。いつの間にか同期の結果ばかりを気にして、そこと比較してしまっている自分がいました。その中でいつも気にかけてくれていたのが、教育担当としてついてくれている先輩でした。周りと比べるのでなく、過去の自分自身と比較する。自分のなりたい姿や目指すべきものを示してくださりました。先輩のおかげで、ヒューマンスキルを身に付けることができたと思っています。

自分のやりたい仕事は自分で決める

自分のやりたい仕事を自己申告できる『ジョブエントリー制度』を利用し、人事の仕事がしたいと手を挙げました。採用という仕事は社長の代弁者でもあり、経営者目線や考え方など、やりがいを感じられると思ったからです。実際に異動の声がかかった時は驚きもありましたが、本当に嬉しかったのを覚えています。自分自身の理想として、1人でも多くの人から「髙田さんと出会えて良かった」「もう一度会いたい」と言ってもらえるような存在になりたいと思っています。採用担当はあくまでも自分の理想に近づくための通過点に過ぎませんが、これからも目標に向かって突き進んでいきたいと思います。

未来の決断の瞬間に携わる仕事

採用担当をやっていて良かったと感じる瞬間は、学生が未来の選択肢を決断してくれた時です。「アロージャパンで働きます」「アロージャパン決めました」と言ってくれた時は、これ以上にないやりがいを感じています。学生にとってファーストキャリアの選択は人生にとっても大事なこと。なので、採用担当は人の人生を担う仕事だと思っています。また、採用の仕事は1人ではできません。自分以外の社員にも協力してもらったり、先輩からアドバイスをもらって関わり方を変えたり。だからこそ、学生から内定を承諾してもらった時に、これまで感じたことのないような達成感も味わえるのだと思っています。

一日の流れ

出社

朝礼

学生へ連絡

学生と面談

ランチ

インターン打ち合わせ

採用ミーティング

業務報告・振り返り

退社