Telex-kansai corporation/Arrow-japan corporation

飯田輝HIKARU IIDA

「やる」か「やらない」かなら、やったほうがいい

飯田輝

販売職

2016年入社

就職活動中にアロージャパンと出会い興味を持つ。「コンサルティングをしたい」という夢があり、アロージャパンではその夢が叶えられる環境だと感じ入社を決意。

キャリアサマリー

販売スタッフ

入社後、ワイモバイルショップへ配属。週末はショッピングセンターで行われる販売促進のイベントにサポートメンバーとして参加する。その後、新規オープンの立ち上げメンバーに選ばれソフトバンクへ異動。商談力や提案力はもちろん、人間力を身に付けていく。

店長代理

マネジメントスキルが評価され、店長代理へ昇進。
店長の右腕でとして、店長不在時の責任者として、チーム全体へ指揮を取りながら店舗が円滑に回るようにマネジメントを行う。
スタッフと面談を行いながらコミュニケーションを取り、面談力を磨いていく。

店長

店長代理としての経験が評価され、店長へ昇進。
会社のトップである社長と同じ視点を持ち、店舗マネジメントや人材育成を行う。
チーム全体に会社としての方向性を示しながら、目標達成へと導いていく。
現在も、マネジメント力を磨きながら店長として奮闘中。

社会人になっても熱く本気で向き合える仲間がいる

働き始める前までは社会人に対するイメージは正直よくありませんでした。しかし、入社してからイメージは大きく変わりました。アロージャパンで働くメンバーは、チームワークや仲間との絆を大切にしています。部活動を行なっていた時に感じていたような、チームで頑張るからこそ目標に向かって一つになれるという環境があるんです。悩んでいた時や、辛いことがあった時に乗り越えられてきたのは、皆が“ヒト”の部分を大切にして本気で向き合っているからだと思います。

夢へ向かって走り続けていく

私は入社してから複数の店舗を経験してきました。いろんな環境で学ぶことが自分の成長に繋がると思っていたので、様々な店舗で経験したいと要望を出していたんです。なので、異動の話がきたら二つ返事でチャンスを掴みに行っていました。また、入社当時から掲げている「コンサルティングをしたい」という目標に向けて、やれることから取り組むようにしています。例えば、最難関の資格試験に合格することや接客グランプリで賞を取ること、現在ではマネジメントの部分を極めています。そうして培った経験を生かして、クライアントが抱えている課題解決をしていきたいと考えています。

とあるショップ店員ではなく「飯田輝」として関われることができた

ワイモバイルは全国に1000店舗ほどのショップがあります。正直、どこのショップで契約しても値段や受けられるキャンペーンは同じです。そんな中、「飯田さんなら安心して任せられるから」「飯田さんのところで契約したい」と言ってもらえた時は、本当にやりがいを感じられます。これからも一期一会を大切に、お客様にまた来たいと思ってもらえるような接客を目指していきたいです。

一日の流れ

オープン

キャリアとのやりとり、レイアウト変更、店舗管理など

休憩

接客、社員の相談

退社