Telex-kansai corporation/Arrow-japan corporation

野田 拓矢TAKUYA NODA

支える気持ち、伝心する想い

野田 拓矢

販売職

2016年入社

高校卒業後、自衛隊で3年間働く。結婚を機に、子育てに集中したいという想いから転職を決意する。転職活動をしている中でアロージャパンと出会い、仕事をしながら子育てが十分にできる環境と社員を大切に想う社風に魅力を感じ、入社を決める。
入社後、店舗で販売スタッフとして働く。2年ほど2つの店舗で販売スタッフを経験した後、店長代理へ昇進する。店舗の2番手として店長を支えながら、店舗のマネジメントを行う。店長代理を1年間経験した後、店長へ昇進。現在も店長として活躍中。

キャリアサマリー

販売スタッフ

入社後、ソフトバンクショップへ配属。販売のプロフェッショナルとしてお客様一人ひとりと向き合い、商材やサービスの提案を行う。
型にハマった提案ではなく新たな価値を提供することで、商談力や提案力はもちろん、人間力を身に付けていく。

副店長

販売スタッフの実績が評価され、店長代理へ昇進。店長の右腕でとして、店長不在時の責任者として、チーム全体へ指揮を取りながら店舗が円滑に回るようにマネジメントを行う。スタッフと面談を行いながらコミュニケーションを取り、面談力を磨いていく。

店長

圧倒的なマネジメントスキルが評価され、店長へ昇進。
会社のトップである社長と同じ視点を持ち、店舗マネジメントや人材育成を行う。
チーム全体に会社としての方向性を示しながら、目標達成へと導いていく。現在も、マネジメント力を磨きながら店長として奮闘中。

言葉に想いをのせて

入社当時、人との接し方に苦労しました。それまでは、自分の発言したことが、相手にどう伝わってしまうのか考えたことがなかったんです。そのため、一緒に働く仲間と意思疎通ができず、困っていても周りに頼ることができませんでした。しかし、当時の上司やスタッフ達と一緒に過ごす中で、「素直に想いを伝えてもいいんだ」と思うようになりました。自分の気持ちを打ち明けられるようになってからは、周りの仲間も私のことを頼ってくれるようになり、深い信頼関係を築けるようになりました。この苦労を乗り越えたからこそ今の責任者としての役目を果たすことができているのだと思いますし、当時の仲間にはとても感謝しています。

環境が変わっても、心は変わらない

2年前に契約を担当させて頂いたお客様がいました。契約をした際に私に良い印象を持ってくださったみたいで、2年経った今でもご来店されて、「何時間でも待つから野田さんが担当して」と言ってくださるんです。他にも、「野田さんとの縁を切らせたくないから」と、前の店舗で担当させて頂いたお客様が今の店舗にご来店してくださることもあります。そういうお客様の声を聴くと、商品を販売するだけで終わらず、相手との関係を築くことができたという実感が湧いてとても嬉しくなります。

支え合う、人との繋がり

責任者になった今でもアロージャパンには尊敬できる人が沢山います。その方たちに共通しているのは「仲間に対して真摯に向き合ってくれる」ということです。人には個性があってそれぞれで考え方が違いますし、人同士が向き合うというのは決して簡単なことではありません。入社当時、困難に直面している私と真摯に向き合い、成長をサポートしてくださった方々のおかげで、たくさんのことを乗り越えることができました。現在、責任者として働くことができているのも周りのサポートあってこそだと思っています。些細な悩みでもそばに寄り添っての支えてくれる仲間がアロージャパンには沢山いて、この会社に出会えて本当に良かったですし、これからも仲間と共に成長していきたいです。