Telex-kansai corporation/Arrow-japan corporation

野中未来MIKU NONAKA

何度も壁を乗り越え、未来への成長につなげていく。

野中未来

マネージャー職

2013年入社

高校卒業後、アパレル業界に就職し5年間働く。もっと成長できる環境で働きたいという思いから転職を決意する。転職活動中にアロージャパンと出会い、福利厚生が充実していることと成長できる環境があることに魅力を感じ、入社を決める。

キャリアサマリー

販売スタッフ

新卒入社後、ソフトバンクショップへ配属。販売のプロフェッショナルとしてお客様一人ひとりと向き合い、商材やサービスの提案を行う。型にハマった提案ではなく新たな価値を提供することで、交渉力や提案力、人間力を身に付けていく。

副店長

販売スタッフとしての実績が評価され、副店長へ昇進。店長の右腕でとして、店長不在時の責任者として、チーム全体へ指揮を取りながら店舗が円滑に回るようにマネジメントを行う。スタッフと面談を行いながらコミュニケーションを取り、面談力を磨いていく。

店長

副店長としての経験が評価され、店長へ昇進。会社のトップである社長と同
じ視点を持ち、店舗マネジメントや人材育成を行う。チーム全体に会社として
の方向性を示しながら、目標達成へと導いていく。現在も、マネジメント力を
磨く。

S V(スーパーバイザー)

店長としての経験が評価され、S V(スーパーバイザー)へ昇進。1店舗だけではなく、複数店舗を統括し担当エリアのマネジメントを行う。店長の育成を行いながら店舗運営における戦略的なアドバイスをすることで、目標達成へ導いていく。

場所は変わっても、ありのままの自分で

関西から関東の店舗に移動して間もない頃、私は方言の違いにとても悩んでいました。お客様から「関西弁がきついね」と言われることもあり、言葉の伝え方に苦労していました。そんなある日、お客様対応をしていたスタッフがトラブルを起こしてしまい、責任者である私が謝罪と説明をさせていただきました。お話をする中で、そのお客様も関西から関東に来られたばかりの方だと知り、地元の話でかなり盛り上がりました。最後には「トラブルのことはもう良いよ。野中さんが対応してくれて良かった」と言ってくださったんです。そのお客様の一言で本当に救われた気持ちになりましたし、ありのままの自分で良いんだと思えた瞬間でした。

仲間からかけがえのない存在

関東の店舗で働いていた頃、同じ店舗のスタッフに同世代で話の合う女性スタッフがいました。働く時も帰るときも一緒だったので、そのスタッフとはプライベートで遊ぶくらい仲良くなりました。お互いのために厳しいことも言い合えるような仲で、とても刺激をもらっていました。しかし、しばらくして私が関西の店舗に異動することが決まったんです。最後の出勤日は2人で抱き合って「今までありがとう、お互い絶対成長して再会しようね」と約束をし、一緒に涙を流しました。そのスタッフがいてくれたから、私は今でも成長し続けたいと思っています。

妥協しない、もっとより良い場所に

アロージャパンは「少しの頑張りや努力も全力で評価してもらえる環境」です。今まで積み重ねてきた頑張りを評価してもらえたからこそ、私は今、関西の女性で初めてのSV(スーパーバイザー)という役職に就くことができています。私はこの環境がもっとより良くなるように「女性が働きやすい」と想える場所を作っていきたいと思っています。結婚して子供ができたとしても職場に戻ってきて、最前線で活躍できるような場所であり続けることを現場から発信していきたいと思っていますし、これからも大好きなこの会社で先陣を切って頑張っていきたいと思っています。