Telex-kansai corporation/Arrow-japan corporation

藤岡勇紀YUKI FUJIOKA

自分と何度も向き合い、今がある

藤岡勇紀

販売職

2013年入社

大学卒業後、携帯販売代理店へ入社。その後、インターネット系の会社へ転職するも、自分には接客が合っていると感じるように。再び接客ができる仕事を探していたところ、アロージャパンと出会う。『地域密着型』や『感動接客』という接客スタイルに惹かれ、入社を決意する。

キャリアサマリー

販売スタッフ

入社後、ソフトバンクショップへ配属。販売のプロフェッショナルとしてお客様一人ひとりと向き合い、商材やサービスの提案を行う。
型にハマった提案ではなく新たな価値を提供することで、商談力や提案力はもちろん、人間力を身に付けていく。

副店長

リーダーとしての経験が評価され、副店長へ昇進。
店長の右腕でとして、店長不在時の責任者として、チーム全体へ指揮を取りながら店舗が円滑に回るようにマネジメントを行う。
スタッフと面談を行いながらコミュニケーションを取り、面談力を磨いていく。

店長

副店長としての経験が評価され、店長へ昇進。
会社のトップである社長と同じ視点を持ち、店舗マネジメントや人材育成を行う。
チーム全体に会社としての方向性を示しながら、目標達成へと導いていく。現在も、マネジメント力を磨きながら店長として奮闘中。

自分の気持ちに正直に向き合える環境

私は入社後1年目で役職をいただきました。しかし、当時はまだまだ中身が伴っていない状態で、周りを引っ張っていけるような実力はありませんでした。求心力をどう身につければ良いのか分からず、頭を抱える日々が続いていました。ある時、自分の気持ちと正直に向き合い、一般スタッフとして一からやり直したいと上司に伝えたことがあったんです。そんな時でも、会社は自分を見捨てることなく支えてくれました。一度役職を降りたことで改めて経験値を積み直し、再び昇進のお話をいただいた際には、自信を持って受けることができました。

過去の経験を乗り越え、また次のステップへ

再び店長になってからは日々楽しく刺激的な毎日を送っています。今でも未熟な部分はたくさんあるので、試行錯誤しながら学んでいる最中です。スタッフが成長するためには、自分自身の成長が必要不可欠だと思っています。自ら積極的に動くことで、様々な角度からヒントを与えられるような存在になりたいです。現在は、複数店舗を統括できるスーパーバイザーを目指しています。そこで商談力を身につけ、将来的には対企業向けの営業や商談をしてみたいと思っています。

スタッフの成長が何よりも喜び

チームで何かを成し遂げた時もそうですが、何より嬉しいのはスタッフの成長した姿を見られた時です。特に印象的だったのが、新卒のスタッフが接客グランプリへの出場したときのことです。毎日のように練習を行っていたものの、日々の練習ではなかなか成果が現れず不安を残したままで本番に挑むことになりました。しかし、大一番の舞台で最高のパフォーマンスを上げることができたんです。見ている側としても鳥肌ものでした。結果としては入賞こそできなかったものの、それ以上に大きな喜びを感じ、思わず涙がこぼれ落ちました。

一日の流れ

オープン

在庫発注、店舗管理など

お昼休憩

接客、社員とのコミュニケーションなど

閉店作業をしてから退社