Telex-kansai corporation/Arrow-japan corporation

端野絵梨奈HATANO ERINA

マルチな人材になるために、どんなことにもチャレンジ

端野絵梨奈

コーポレート職

2016年入社

2016年アロージャパンに新卒として入社後、新規事業部のスタートメンバーに抜擢され事業の運営に携わる。そこでの活躍が評価され、その後は人財開発部のリーダーに就任し、その後もnext事業部のOSに関する業務などマルチな活躍を見せる。

キャリアサマリー

販売スタッフ

入社後、ソフトバンクショップへ配属。販売のプロフェッショナルとしてお客様一人ひとりと向き合い、商材やサービスの提案を行う。型にハマった提案ではなく新たな価値を提供することで、交渉力や提案力、人間力を身に付けていく。

イベント事業部

同年、新しく立ち上げとなったイベント事業部へ異動。大型のショッピングモールなどでキャリアショップが開催するイベントの運営に携わる。業界の常識を超えた新しいイベント企画を行い、当日の運営までを実施。それに必要なチームビルディングやマネジメント力も他社へ提供を行う。

人財開発部 採用戦略課

コーポレート職である人財開発部・採用戦略課へ異動。採用計画に基づき、会社が必要とする人材を採用するための活動を行う。インターンシップの企画・運営、就職イベントへの出展、セミナーや選考会の実施、面談や内定後のフォローなど、活動内容は多岐にわたる。

リーダー

採用戦略課のチームリーダーへ昇進。チームメンバーのマネジメントや人材育成を行い、チーム全体に会社としての方向性を示していく。メンバーそれぞれの特性を理解し、個々に合わせた教育を行うことで、視野を広げ柔軟性を身につけていく。

next事業部 Sales&CustomerSuccess課

コーポレート職であるnext事業部・営業課へ異動。企業の抱える問題や課題を引き出し、自社のサービスや商材を含めてソリューションを提供する。自社で培った採用ノウハウを活かし企業の採用成功へと導いていく。

ターニングポイントとなった人事部への異動

入社1年目の頃、社長から「マルチな仕事ができる人材になりなさい」と言っていただいたことがきっかけで、様々なことにチャレンジしていました。例えば、自社開催のインターンにメンターとして参加したり、新卒研修の運営に携わったり。部署異動の経験も私にとってはチャレンジなのですが、これまで4つの部署を経験させてもらっています。その中でも一番のターニングポイントとなったのは、人事部へ異動した時です。初めての採用シーズンでは先輩が産休で不在になり、前例をほとんど知らない後輩と自分だけで不安やプレッシャーもありました。ただ、その時期があったらからこそ責任感が増し、採用の成功に結びついたのだと思っています。

成果が出るまでの長い道のり

現在は、他社様の採用を成功に導く、採用コンサルの仕事を行なっています。出来るだけクライアントのいいところを活かしながら、アロージャパンでやってきた成功事例を融合させていくようにしています。採用は一年以上先にゴールがあるのですが、右肩上がりに成果が出るわけではありません。それまでの間は厳しい言葉をいただいたり、なかなか思うようにいかないことも多いです。でも、諦めずに関わり続け、やり方を少しずつ変えていく中で「仕事ぶりがまるで変わった。採用がすごく楽しい」と言っていただくと自分まで嬉しくなります。もちろん、その結果成果が出てクライアントの利益が上がることが何よりの見返りだと考えています。

会社が大きくなっても変わらない“承認の文化”

アロージャパンで働いていて感じるのは、“承認の文化”が根付いているということです。会社がどんどん大きくなって目指す目標や課されるミッションも異なってきてはいますが、どの組織でもレベルの高い承認があると思っています。些細なことでも感謝の気持ちを伝えたり、褒めたり、アドバイスを行なったりしている人が多いです。日頃からそんなやりとりがあるからこそ、上司や同僚に相談がしやすく仕事仲間以上の関係性を築くことができるのではないかと思います。お互いのことを思い合ってコミュニケーションが取れると、仕事が前に進んでいる実感があり、そういう仕事ができている時はとても楽しいと感じます。

一日の流れ

出社

朝礼

営業ミーティング

メールチェック・連絡対応

ランチ

企業訪問

報告・連絡業務

退社