Telex-kansai corporation/Arrow-japan corporation

百合野清希YURINO SAYAKI

チームあってこその自分

百合野清希

販売職

2015年入社

関西の高校卒業後、東京で就職。3年後、父から自営業を一緒にしないかと提案を受け関西に戻る。結婚を機に携帯代理店へ転職し、そこから20年以上キャリアを磨く。縁あってアロージャパンと出会い、現在は副店長として活躍中。

キャリアサマリー

販売スタッフ

入社後、ソフトバンクショップへ配属。販売のプロフェッショナルとしてお客様一人ひとりと向き合い、商材やサービスの提案を行う。型にハマった提案ではなく新たな価値を提供することで、商談力や提案力はもちろん、人間力を身に付けていく。

店長代理

コミュニケーション能力が評価され、店長代理へ昇進。
店長の右腕でとして、店長不在時の責任者として、チーム全体へ指揮を取りながら店舗が円滑に回るようにマネジメントを行う。
スタッフと面談を行いながらコミュニケーションを取り、面談力を磨いていく。

チームあってこその自分

チームで協力し合い、目標達成できた時の喜びは何にも変えられません。スタッフ一人ひとりの役割は様々です。それぞれに得意・不得意があり、相手が苦手な部分を補い合いながら一生懸命頑張ってくれています。仕事というものは1人ではできません。チームがあるから、みんなのための頑張れるのだと思っています。私自身、自分一人の力では無力です。これからも、スタッフへの感謝の気持ちは忘れずチームのために頑張っていきたいと思います。

モノの販売ではなく、ライフスタイルを提供する

モバイルショップというと契約を行う場所というイメージを持たれている方も多いかと思いますが、取り扱っている商材やサービスは多岐に渡ります。スマートフォンや、インターネット回線や電気まで。つまり、私たちのライフラインに欠かせないあらゆるものを提供しています。お客様が求めるものを引き出し、サービスや商材を通してお客様のライフスタイルをコーディネートしていく。それが私たちの役割なんです。

お客様の笑顔は満足度のバロメーター

お客様が退店される時の表情が満足度のバロメーターだと思っています。笑顔で帰っていただいた時は、やはり私も嬉しいです。ワイモバイルは格安を売りにしている通信業者なので、多くのお客様が「安くなるのは当たり前」だと思っています。料金だけを求めるのであればどのショップで購入しても同じかもしれません。しかし私は、たくさんあるショップの中で「ここで契約してよかった」と思ってもらえることが、大事だと思っています。金額だけでなく、サービスや接客など付加価値の部分を提供し、満足してもらえるように心掛けています。