Telex-kansai corporation/Arrow-japan corporation

田和梨奈TAWA RINA

私の行動や発言で誰かにきっかけを与えられる存在に

田和梨奈

コーポレート職

2019年入社

大学3年生の夏にアロージャパンのインターンシップに参加したことがきっかけで会社の魅力を感じ、就職活動が始まるとアロージャパンの選考を受ける。選考が進むにつれ、「この会社なら自分らしく輝ける」と感じるようになり、入社を決意する。

キャリアサマリー

人財開発部 採用戦略課

入社後、コーポレート職である人財開発部・採用戦略課へ配属。採用計画に基づき、会社が必要とする人材を採用するための活動を行う。インターンシップの企画・運営、就職イベントへの出展、セミナーや選考会の実施、面談や内定後のフォローなど、活動内容は多岐にわたる。

自分らしく輝ける場所

私は、この会社なら「私らしく輝ける」と思い入社を決めました。私の周りには、輝いている人がたくさんいます。落ち込んだ時に気付いて話を聞いてくれる人や、上手くいかない時に一緒に悩んでくれる人など、本当に周りに支えられています。今までの私は、否定されることが嫌で、怖くて自分の意見を伝えられませんでした。しかし、アロージャパンに出会って、この考え方が180度変わったんです。どんな意見でも素直に受け入れてくれますし、例え馬鹿げた夢や目標も応援してくれる人ばかりです。一人一人を大切にしてくれる、そんな会社だからこそ自分らしくいれるのだと思っています。

逃げていた自分に喝を入れてくれた先輩

入社して数ヶ月のタイミングで、プレゼン大会がありました。プレゼンに苦手意識を持つ私は、どうせ今上手い子が優勝するんだろうと諦めて逃げていました。そんな時に、先輩が話を聞いてくれただけでなく、毎日一緒に準備と練習に付き合ってくれたんです。「トイレ行ってくる」と行ってお菓子を買ってきてくれたり、アドバイスをくれたり。あんなにも嫌だったのが嘘みたいで、楽しく取り組むことができました。そして当日、なんと準グランプリをいただきました。苦手なことにも周りの支えがあれば乗り越えられます。どんな時も支えてくれる先輩や同期がいるこの環境にすごく感謝していますし、私が先輩になったら今まで受けた恩を後輩に返していきたいと思っています。

誰かにきっかけを与えられる存在に

この仕事をやっていて良かったと感じる瞬間は、学生から「田和さんに相談してよかった」と言ってもらえた時です。1年目でありながらたくさんの内定者や長期インターン生と関わらせてもらっています。その中で意識していることは、一人ひとりに寄り添うということです。例えば、様子がいつもと違う後輩を見つけると話を聞く時間を作ります。今何に悩んでいるのか、何がそうさせているのか、どうしていきたいのか聞き出し、一緒に解決策を考えています。話した後輩から「田和さんに相談してよかったです。こんな風に頑張っていきます」と笑顔で伝えてくれ、アクションを起こせた時は本当に嬉しいです。いつまでも誰かのきっかけを与えられる存在でいたいと思います。

一日の流れ

出社

朝礼

リクルーターミーティング

ランチ

学生と面談

インターンシップ打ち合わせ

学生へ連絡・業務振り返り

退社