Telex-kansai corporation/Arrow-japan corporation

灘谷汐里SHIORI NADAYA

結果ではなくプロセス。会話を大切に常に明るく笑顔で!

灘谷汐里

販売職

2014年入社

高校卒業後、イタリアンレストランへ就職。接客を学びながら、さらに成長できる環境へ身を置きたいと転職を決意。以前に携帯電話のキャンペンガールを行った経験があり、知識を活かせる仕事がしたいと2014年にアロージャパンへ入社を決める。

キャリアサマリー

販売スタッフ

入社後、ソフトバンクショップへ配属。販売のプロフェッショナルとしてお客様一人ひとりと向き合い、商材やサービスの提案を行う。型にハマった提案ではなく新たな価値を提供することで、商談力や提案力はもちろん、人間力を身に付けていく。

店長

販売スタッフとしての輝かしい成績を残し、店長へ就任。
会社のトップである社長と同じ視点を持ち、店舗マネジメントや人材育成を行う。チーム全体に会社としての方向性を示しながら、目標達成へと導いていく。

初進出となる名古屋エリアで店長に抜擢

関東での活躍が評価され、アロージャパン初となる名古屋の店舗での店長を任される。
現在も、マネジメント力を磨きながら店長として奮闘中。

マネジメントする立場となって立ちはだかった壁

店長になりたての頃は、仕事の方針の違いで周りのスタッフとぶつかっていました。その時は、自分の考えを相手に伝えることが苦手だったんです。そんな自分ではダメだと感じ、それからはスタッフとの会話の時間を増やしました。そこで気をつけていることが、相手の意見は否定せず、なるべく全てを受け入れるということです。また、厳しい指導をした後は、その場ですぐに切り替えて普段通りに接するようにしています。長引かせることで仕事に影響が出て、周りのスタッフまで気を使うようになると良くないからです。今では、店舗を良くするために意見や要望を伝えてくれるようになり、会話も増えて楽しく仕事ができています。

仕事のやりがいはまさに親心

今まで関東から東海にきたので、たくさんの人と関わってきています。何よりも嬉しいのは人が成長する過程に関われるということ。働く場所が離れてしまっても、育てていたスタッフが活躍して、自分の所まで名前が届くことがあります。喜びと同時に、私のやりがいにも繋がっています。今後はさらに人を育てて、東海エリアを盛り上げていきたいです。活躍できる人材を育てて他店に輩出し、店舗を活性化させていきたいです。今は店長として、店舗を任されている以上、そこからできることをしようと思っています。

社員の成長のためには

入社した当初の上司は、結果だけでなくそれまでのプロセスを大切にしてくれていました。努力したことが無駄ではないと思えたので、仕事の頑張りにも繋がっていました。だから私も、成果を出すまでの過程をしっかりみるようにしています。それともう一つ、常に明るく振る舞うようにしています。スタッフが責任者の顔色や様子を伺って接していては、関係性は築けないと思っているからです。働きやすい環境作りも店長の大切な仕事だと思っているので、これからも笑顔を絶やさない職場にしていきます。