Telex-kansai corporation/Arrow-japan corporation

渡邊佳奈WATANABE KANA

自身の経験や強みを活かして会社の魅力を伝えられる存在に

渡邊佳奈

コーポレート職

2018年入社

2018年にnext事業部営業担当としてアローに入社。インターン生の頃から営業に携わり、入社後も営業として精進する。その一方で「企業の抱える採用課題を解決するために自分には何ができるか」という課題から採用担当への異動を決意。

キャリアサマリー

next事業部 Sales&CustomerSuccess課

入社後、コーポレート職であるnext事業部・営業課へ配属。企業の抱える問題や課題を引き出し、自社のサービスや商材を含めてソリューションを提供する。主に、LINEと連携した新しい採用管理システム『next』の提案を行い、交渉力や提案力、人間力を身に付けていく。

人財開発部 採用戦略課

コーポレート職である人財開発部・採用戦略課へ異動。採用計画に基づき、会社が必要とする人材を採用するための活動を行う。インターンシップの企画・運営、就職イベントへの出展、セミナーや選考会の実施、面談や内定後のフォローなど、活動内容は多岐にわたる。

辛いに時に支えてくれたかけがえのない仲間の存在

私は入社してからnext事業部の営業チームに配属され、関西で営業活動を行っておりました。初めての配属が法人営業ということもあり、対企業と関わる上での責任感や、そもそものビジネススキルを身につけることに楽しさを覚えつつも、その難しさの壁にぶつかることは多々ありました。営業手法も、後輩との関わり方も、全てが初めてで悩む毎日。そんな私にとって支えとなったのが直属の先輩と同期の存在でした。その先輩はそれぞれのタイプ別にアプローチの仕方をとても考えられている方で、私の性格を加味した上で、時間を割いて関わってくださいました。また、同じ部署の同期も関東関西で離れていても、お互いの実績を切磋琢磨し合い、共に成長してきたかけがえのない仲間でした。そういった存在があったからこそ、高い壁に当たってもくじけず乗り越えられる原動力となりました。

知識やノウハウではなく、実体験を伝えていけるようになりたい

営業として企業様の採用活動のお手伝いをしていく中で、「私自身の採用の知識やスキルがもっとあれば」と思う瞬間が多々ありました。その際に、自身が今欲しているスキルは採用について知るだけではなく、経験して得た体験談として、根拠として伝えていけることだと思いました。実際に人財開発部へ異動した当初は毎日が新鮮でした。営業の頃には結果しか見えていなかった部分が、実際にはどんな意味意図を含んで、どんなアプローチをしているのかを間近で見ることもできれば、経験することもできています。また、部署のメンバーの雰囲気も全く違い、そのギャップが人との関わり方でもすごく良い刺激となっています。

2つの部署を経験したからこそ気付いたこと

1年目の頃は、一人で企業様を相手に商談できる経験値や、交渉力、人間力を学ぶことができました。採用のお手伝いをしていく中で、「渡邊さんとお仕事がしたい」や「渡邊さんから買いたいです」「渡邊さんのおかげでこれがうまくいきました」などのお言葉をいただける瞬間がたまらなくやりがいを感じました。採用戦略課では、そもそも人との関わり方を学ぶことが多くあり、仕事の範囲だけではなく、“一人間としての人間力”を営業とは違った視点で気づかされることが多くあります。だからこそ、毎日が新鮮で日々のスキルアップが楽しく感じます。このチームはとても承認することが上手な人が多いので、仕事をする環境がすごく気持ちいいのも一つのやりがいにつながっていますね。

一日の流れ

出社

朝礼

リクルーターミーティング

学生との面談

ランチ

会社説明会・選考会運営

学生へ連絡・報告業務

退社