Telex-kansai corporation/Arrow-japan corporation

森勇誠MORI YUSEI

目標達成のためには遠回りしない。自分にできることからやっていく。

森勇誠

コーポレート職

2018年入社

大学2年生の時にアロージャパンのインターンシップに参加し、会社の魅力を知る。会社の人や社風に触れるうちに、周りから信頼されるためには何よりも“人間力”が大事だと気づく。人の育成に力を入れている会社の教育制度に惹かれ、入社を決意する。

キャリアサマリー

人財開発部 採用戦略課

入社後、コーポレート職である人財開発部・採用戦略課へ配属。採用計画に基づき、会社が必要とする人材を採用するための活動を行う。インターンシップの企画・運営、就職イベントへの出展、セミナーや選考会の実施、面談や内定後のフォローなど、活動内容は多岐にわたる。

next事業部 Sales&CustomerSuccess課

コーポレート職であるnext事業部・営業課へ異動。企業の抱える問題や課題を引き出し、自社のサービスや商材を含めてソリューションを提供する。自社で培った採用ノウハウを活かし企業の採用成功へと導く。商談力や交渉力、ヒューマンスキルを身に付けていく。

自社採用から他社採用の成功へ

入社2年目で、自社の採用を手がける採用戦略課から他社の採用を成功に導くコンサルティング課に異動となりました。これまでの経験がどこまで通用するのか、新しい挑戦のように感じたのを覚えています。異動後の現場では数々の障壁がありました。採用予算の兼ね合いで実現できなかったり、ノウハウを伝えても社風の違いなどから受け入れてもらえなかったり。ただ単にノウハウを伝えるのではなく、“採用の成功”を提供することが私たちの仕事です。だからこそアロージャパンのノウハウをいかに応用できるか、常にクライアント企業様に合った唯一無二の提案を考えることが重要だと感じています。

無力な自分でもできること

採用戦略課に配属されたばかりの頃は、自分の無力さを思い知らされました。現場経験もなければどのような人が働いているのかも分からない状態でのスタートだったので、自分自身が学生に伝えられることの少なさを痛感しました。同時に、現場を経験しているチームメンバーが数字を上げる中での焦りや不安もありました。現場をもっと知りにいかなければならないと思うようになってからは、社員との交流を積極的に行ったり、現場経験者から話を聞いたりの毎日。見る見るうちに語れることが増えていく自分自身に気づいたんです。今でもこの経験は活きており、目の前のお客様のために何ができるのか、目標達成のために何ができるのかを考え、努力するようにしています。

どこにいっても通用する人間力を身に付けられる

アロージャパンの良さは “人間力“の教育に力を入れていることです。「あなたから買いたい」「あなたと一緒に仕事がしたい」とお客様から言われるような社員が多いと感じています。それは小手先のスキルではなく、考え方の部分から教育をする制度が整っているからだと思います。信頼関係の築き方や企業人として立ち振る舞いなど、自社で通用する考え方ではなく社会で活躍するための考え方を学べます。できないことや仕事の失敗に対して指摘をされたことはありません。全ての指導が、目標や目の前のお客様に対しての考え方やスタンスについての指摘です。考え方次第で行動は変わります。質の高いアウトプットのためにもまずは考え方を一流にするという教育がアロージャパンの特徴だと思います。

一日の流れ

出社

朝礼

営業ミーティング

企業訪問

ランチ

就活イベント運営

退社