Telex-kansai corporation/Arrow-japan corporation

東利彦TOSHIHIKO AZUMA

チームは「一人だけ」が頑張っていても意味がない

東利彦

販売職

2014年入社

新卒でアミューズメント系総合企業に入社し、8年間勤務。その後、アロージャパンと出会い店舗見学へ行ったところ、イキイキと楽しそうに働いているスタッフに魅了される。「こんな人たちと一緒に働けたらおもしろそう!」と感じ、入社を決意。

キャリアサマリー

販売スタッフ

入社後、ソフトバンクショップへ配属。販売のプロフェッショナルとしてお客様一人ひとりと向き合い、商材やサービスの提案を行う。
型にハマった提案ではなく新たな価値を提供することで、商談力や提案力はもちろん、人間力を身に付けていく。

店長

圧倒的なマネジメントスキルが評価され、店長へ昇進。
会社のトップである社長と同じ視点を持ち、店舗マネジメントや人材育成を行う。
チーム全体に会社としての方向性を示しながら、目標達成へと導いていく。現在も、マネジメント力を磨きながら店長として奮闘中。

当たり前に頑張る姿に心を打たれる

オープニングメンバーとして配属されたららぽーと和泉は、とても忙しいお店でした。体力的にもきつかったのと、目の前のことでいっぱいいっぱいになってしまい、余裕もありませんでした。正直、心が折れそうになる日もありました。しかし、その中でも頑張って乗り越えられたのは、周りの支えや助け合いがあったからです。「日本一の店舗を目指そう!」とみんなが目標に向かって一丸となり、頑張っていました。そのおかげで、苦労も楽しさへと変わり、今では良い思い出として心に残っています。

「自分さえ頑張ればいい。」では通用しなくなった

役職者になるまでは、自分さえ頑張っていれば良かったんです。しかし、それだけでは上手くチームを動かしていくことはできないと痛感しました。どうしたらスタッフが頑張ってくれるのか、どうやったらそのモチベーションを維持できるのか。みんなとの向き合い方が分からず苦労しました。試行錯誤しながらではありますが、自分が接し方を変えていくことで、スタッフの意識にも少しずつ変化が見られるようになりました。リーダーの役目は、みんなが頑張れるような基盤づくりをすることだと思っています。まだまだマネジメントの難しさは感じていますが、いつも楽しみながら日々を過ごしています。

本気で“ヒト”を大切にしている会社

夢や目標を持つ人を応援し、一人一人を成長させてくれる環境があると感じています。また、社員のことだけではなく、その家族のことまで大切にしてくれるのがアロージャパンです。BBQやクリスマス会など、ファミリー向けの社内イベントがあり私もよく参加させてもらっています。イベントに参加するたびに妻や子供たちが楽しそうにしている姿を見ると、本当に嬉しくなります。会社の好きなところを聞かれたら、迷わず”全部”と答えてしまうほど素敵な会社だと思っています。

一日の流れ

オープン

メール確認、連絡事項、店舗管理

接客業務

お昼休憩

接客、社員とのコミュニケーション

退社