Telex-kansai corporation/Arrow-japan corporation

村山茜AKANE MURAYAMA

店長は父親であり母親であり友達。深い愛で真摯に向き合ってきた結果で店長に

村山茜

販売職

2010年入社

高校卒業後、ホテル業界、ファーストフードチェーンで接客業を学ぶ。さらに接客を磨きたいという想いから転職を決意。アロージャパンと出会い、働く環境や社風に惹かれ入社を決める。

キャリアサマリー

販売スタッフ

入社後、ドコモショップへ配属。
販売のプロフェッショナルとしてお客様一人ひとりと向き合い、商材やサービスの提案を行う。
型にハマった提案ではなく新たな価値を提供することで、商談力や提案力はもちろん、人間力を身に付けていく。

副店長

販売スタッフとしての経験が評価され、副店長へ昇進。
店長の右腕でとして、店長不在時の責任者として、チーム全体へ指揮を取りながら店舗が円滑に回るようにマネジメントを行う。
スタッフと面談を行いながらコミュニケーションを取り、面談力を磨いていく。

店長

副店長としての経験が評価され、店長へ昇進。
会社のトップである社長と同じ視点を持ち、店舗マネジメントや人材育成を行う。
チーム全体に会社としての方向性を示しながら、目標達成へと導いていく。
現在も、マネジメント力を磨きながら店長として奮闘中。

自分のことを想って、母親のように指導してくれる環境に惚れた

入社のきっかけは、働きやすそうな環境という点でした。しかし、働いていくうちにどんどん魅力を感じるようになっていったんです。アロージャパンでは教育制度が充実しています。具体的には、マンツーマンで先輩が後輩に付き育成を行う「ブラザー・シスター制」という制度です。私を担当してくれた先輩は、常に私のことを考えて接してくれる、まるで母親のような存在でした。会社全体でもそのような方ばかりで、こんな素敵な会社で成長していきたい、恩返しがしたい、と思うようになっていきました。

「私の一言で人生が変わるかも」スタッフが絡むことは大きな決断

スタッフとの関り方は大事にしています。面談や相談を受ける機会が増えた中で、発言や伝え方は慎重に行っています。相手によって受け取り方は様々です。『伝える』のではなく『伝わる』ことがゴールだと思っているので、相手に理解してもらえるような対話を心掛けています。一度口に出した言葉を取り消すことはできません。時には自分の一言で相手の人生がよくも悪くも変わるかもしれません。そのくらい、言葉の力はとても大きいと考えています。

スタッフ自身が成長したと実感してもらえる瞬間が一番のやりがい。そのための自己成長

スタッフの成長の立ち会えた瞬間は何よりも嬉しいです。「以前は店長の言っていること理解できませんでしたが、信じてやり続けたらできるようになりました」と言われると、しっかり向き合って良かったと思えるからです。一方で、スタッフに次のステップへ進んでもらうには、私自身がもっと成長しなければいけないと思っています。現状維持では伝えられることも限りがありますし、間違った方向へ導いてしまう可能性もあります。自分が育ててもらったように、今後はたくさんの後輩を育てて会社へ恩返しをしていきたいです。できるかできないかではなく、これからも上を目指していきます。

一日の流れ

出社、お客様対応

在庫管理、メールチェック、社内連絡ツールチェック

お昼休憩

お客様対応

スタッフの面談

退勤後は、料理、ジェルネイル、映画鑑賞、食事会など自分の時間を楽しむ