Telex-kansai corporation/Arrow-japan corporation

村山稔MINORU MURAYAMA

家族も仕事も自分の支え

村山稔

販売職

2016年入社

高校卒業後、ガラスの加工会社に就職。その後、もっと変化のある環境で働きたいと転職を希望し、大手携帯電話会社の社員として家電量販店で2年半働く。更なるスキルアップを目指し転職を決め、アロージャパンと出会う。社員の生き生きと働く姿に魅了され、ここならもっと自分を輝かせられると入社を決意。

キャリアサマリー

販売スタッフ

入社後、ソフトバンクショップへ配属。販売のプロフェッショナルとしてお客様一人ひとりと向き合い、商材やサービスの提案を行う。型にハマった提案ではなく新たな価値を提供することで、商談力や提案力はもちろん、人間力を身に付けていく。

サブリーダー

販売スタッフとしての実績やスタッフとの関わり方を評価され、リーダー職へ昇進。新人スタッフの育成はもちろん、スタッフ全体の指導を行いながら、時には自らも前に出て実績を上げる。スタッフの特性を理解し、個々に合わせた育成を行うことで、視野を広げ柔軟性を身に付けていく。

店長代理

サブリーダーとしての経験が評価され、店長代理へ昇進。店長の右腕でとして、店長不在時の責任者として、チーム全体へ指揮を取りながら店舗が円滑に回るようにマネジメントを行う。スタッフと面談を行いながらコミュニケーションを取り、面談力を磨いていく。

チャレンジする期間

サブリーダーの時は、挑戦する際に自分の限界値を決めない事を意識していました。失敗を恐れると、前に進む事ができず成長は止まってしまいます。私自身、なんでも挑戦するように心掛けていました。その分失敗もありましたが、叱られても落ち込むことなく「絶対にやってやる」という気持ちを常に持っていました。特に、メンバーとの距離感やコミュニケーションの取り方はこだわっていました。実績を出すためには、スタッフの協力は必要不可欠だからです。そのために、周りを巻き込むような時間をたくさん作っていきました。努力や成果に対し、しっかりと評価をしていただいたので店長代理という役職をもらえたと思っています。しかし、ここで満足してしまってはそこで終わってしまいます。店長代理もまだまだ学び、挑戦する期間だと思っています。

家庭があっての仕事

休日は子どもが小さいので家でのんびりしていることが多いです。仕事とプライベートはメリハリつけたいと思っているので、家にいる時はなるべく家族サービスを心掛けています。どこかへ出掛ける時も、自分から企画しています。家族は私にとって心の支えで、家族がいるから仕事も頑張れるんです。特に、アロージャパンは社員の家族も大事にしてくれる会社だなと感じています。社内で行われるファミリー向けのイベントに参加するたびに、社長の「家族との時間を大切にしてほしい」という想いを感じます。家族に会社のことを理解してもらうきっかけにもなりますし、とても素敵な企画だと思っています。

スタッフの成長のためのきっかけづくりを

今後は、自分の成長だけでなく、スタッフの成長できるきっかけ作りをしていきたいです。そのためには、一人ひとりに目標を持ってもらうことが重要だと思っています。与えられた仕事を作業のようにこなしていく人材にはなって欲しくはありません。目標達成のためにはどうしたらいいのかを考えて行動することが、成長に繋がると思っています。失敗してもいいんです。スタッフが悩んだり立ち止まったりした時は、私が支えていきます。そして、人生に対して有意義な時間をつくれるのをビジョンに描いて店舗運営を構造していこうと考えています。今はまずそのきっかけからつくっていきます。