Telex-kansai corporation/Arrow-japan corporation

木野恵佑KINO KEISUKE

モバイル事業での経験が私の全ての根幹に

木野恵佑

コーポレート職

2015年入社

大学3年生の時から自分自身の力を試したいという思いから将来的に起業することを志す。そのための経験が積める企業を探して就職活動をしていた時に、アロージャパンと出会う。就活中に出会った会社の中で唯一起業の意思に対してポジティブに捉えてくれたのがアロージャパンで、社風に触れるうちに魅力を感じ入社を決める。

キャリアサマリー

販売スタッフ

入社後、ソフトバンクショップへ配属。販売のプロフェッショナルとしてお客様一人ひとりと向き合い、商材やサービスの提案を行う。型にハマった提案ではなく新たな価値を提供することで、交渉力や提案力、人間力を身に付けていく。

人財開発部 採用戦略課

コーポレート職である人財開発部・採用戦略課へ異動。採用計画に基づき、会社が必要とする人材を採用するための活動を行う。インターンシップの企画・運営、就職イベントへの出展、セミナーや選考会の実施、面談や内定後のフォローなど、活動内容は多岐にわたる。

リーダー

next事業部立ち上げメンバーとして新規事業部のリーダーに抜擢。企業の採用成功をミッションに、企業の抱える問題や課題を引き出し、自社のサービスや商材を含めてソリューションを提供する。主に、LINEと連携した新しい採用管理システム『next』の提案を行い、商談力を身に付けていく。

チーフ

next事業部のチーフへ昇進。複数の事業部を統括し社員の育成を行いながら目標達成における戦略的なアドバイスをするマネージャー。部署の枠を超え、いち幹部として的確な知識やノウハウを伝えることで組織単位で成長に導いていく。

新しい環境で身に付いた先見力

入社後はソフトバンクショップへ配属となり、5店舗を経験させていただきました。ある時、店舗スタッフが自身の取り組みや成果を発表する会議が開かれ、私もプレゼンを行いました。その際のプレゼンを評価していただき、自分の可能性を見出してくれたのが当時の上長です。人事部でチャレンジしてみないかと声をかけていただいた時は、新しい挑戦にワクワクしたことを覚えています。実際に異動した時は、人事としての経験が長い同期や後輩がいる中で、年上ながら新人という立場でした。ゼロから学ぶ気持ちで関わることを意識し、現場を経験している自分だからこそできることを考えながら行動するようにしていました。自分に課せられたミッションは何で、自分が何をすべきなのか見出す力が養われたと感じています。

全ての根幹にあるのはモバイル事業での経験

モバイル事業での経験は、私にとって全ての根幹になっています。お客様とダイレクトに接し、モバイル機器や通信サービスという分かりにくい商材を取り扱っているので、様々な力を身に付けることができました。『例えて伝える力』『お客様の秘めた声を汲み取る力』『説得するための交渉力』の3点です。これは、後輩の育成はもちろん採用での面談の時にも通用するものです。現在所属しているnext事業部は、新規事業の立ち上げから携わりました。法人営業のノウハウも何もない中で走り出しましたが、企業との商談の場面でもモバイル事業で身に付いたスキルが力を貸してくれました。今後もこの経験を活かし、さらに事業を大きくしていきたいと思います。

誰しもが手を挙げやすい環境

アロージャパンの良さは、誰しもが手を挙げやすい環境があるところだと思います。
チャンスを掴むことができるかは本人の実力やタイミングなど色んな要素があるのはもちろんですが、一緒に働く仲間や上長に対して自分の意思を主張することができるのは素晴らしい環境だと思います。またベンチャーらしい気風もあるので、自分自身の提案で会社に影響を与えることもできます。縛るようなルールも多くないため自分たちで新たな取り組みを提案しやすいんです。裁量権を持って仕事がしたい、会社に影響を与えたいと思っている方にとっては、とても良い環境なのではないかと思います。

一日の流れ

出社

朝礼

営業ミーティング

企業訪問

ランチ

セミナー登壇

業務報告・振り返り

退社