Telex-kansai corporation/Arrow-japan corporation

後藤沙希SAKI GOTO

楽しいから生まれる想い、新たな環境での挑戦。

後藤沙希

販売職

2015年入社

専門学校を卒業後、スポーツクラブへ就職し4年間働く。「働くことの楽しさを多くの人に伝えたい」という想いから転職を決意する。知人であるアロージャパンの社員から話を聞き、社風や挑戦できる環境に魅力を感じ、入社を決める。

キャリアサマリー

販売スタッフ

入社後、ドコモショップへ配属。販売のプロフェッショナルとしてお客様一人ひとりと向き合い、商材やサービスの提案を行う。型にハマった提案ではなく新たな価値を提供することで、商談力や提案力はもちろん、人間力を身に付けていく。

店長代理

販売スタッフとしてお客様からの人気が評され、店長代理へ昇進。店長の右腕でとして、店長不在時の責任者として、チーム全体へ指揮を取りながら店舗が円滑に回るようにマネジメントを行う。スタッフと面談を行いながらコミュニケーションを取り、面談力を磨いていく。

店長

店長代理としての経験が評価され、店長へ昇進。会社のトップである社長と同じ視点を持ち、店舗マネジメントや人材育成を行う。チーム全体に会社としての方向性を示しながら、目標達成へと導いていく。現在も、マネジメント力を磨きながら店長として奮闘中。

楽しいからこそ芽生える気持ち、新たなステップへ

学生時代はスポーツ学を学び、卒業後はスポーツクラブへ就職しました。前職は働くことも楽しかったですし、とても充実していました。でも充実していたからこそ、「働くことは楽しいこと」という気持ちを沢山の人に伝えたいと思うようになったんです。また私自身、結婚して子供ができたとしても仕事を続けたいと考えていて、「女性が長く働ける環境」をつくりたいという想いがありました。この2つの気持ちを実現できる環境が前職にはなく転職を決意しました。そんな時に、アロージャパンの社員の方から会社の取り組みのお話を聞く機会があり、この2つを実現できる環境があると感じたので、入社を決めました。

幸せのキャッチボール

日々の業務の中で大事にしていることは、スタッフとの面談です。悩みや不安を一緒に解決していく中で、スタッフが成長していく姿をすぐ近くで見られるのは本当に嬉しいことです。時にはスタッフから「いつも店長ありがとうございます」と書かれたメッセージカードをもらうことがあって、それがやりがいにも繋がります。本当にスタッフのみんなには感謝していますし、今後もこの想いをいろんな形で還元していきたいと思っています。

声で届ける、私の想い

挑戦したいことがあっても実現するのが本当に難しい環境でした。でもアロージャパンは違います。私が何か変えたいと強く想って声をあげた時に、本当に社長まで声が届くんです。アロージャパンには、社員の想いを真剣に聞いてもらえる環境があって、その想いを実現できる環境がある。だからこそ、私が先陣を切って挑戦し、会社をもっとより良い環境にしていきたいと思っています。

一日の流れ

オープン

キャリア担当者と情報交換などの店舗管理業務

お昼休憩

社員と面談、交流

退勤