Telex-kansai corporation/Arrow-japan corporation

山中沙智YAMANAKA SACHI

失敗して学んだ経験が自分を強くする

山中沙智

コーポレート職

2014年入社

転職活動中に繋ぎでやっていた単発の仕事で、ソフトバンクベールモール宇都宮のイベント運営に携わる。当時のショップの店長が「あの子すごくいい」と見出してくれ、アロージャパンの選考を受けることに。一人ひとりの仕事ぶりを見て、正当な評価してくれるところに魅力を感じ入社を決める。

キャリアサマリー

販売スタッフ

入社後、ソフトバンクショップへ配属。販売のプロフェッショナルとしてお客様一人ひとりと向き合い、商材やサービスの提案を行う。型にハマった提案ではなく新たな価値を提供することで、交渉力や提案力、人間力を身に付けていく。

店長代理

販売スタッフとしての経験が評価され、店長代理へ昇進。店長の右腕でとして、店長不在時の責任者として、チーム全体へ指揮を取りながら店舗が円滑に回るようにマネジメントを行う。スタッフと面談を行いながらコミュニケーションを取り、面談力を磨いていく。

next事業部 Sales&CustomerSuccess課

コーポレート職であるnext事業部・営業課へ異動。企業の抱える問題や課題を引き出し、自社のサービスや商材を含めてソリューションを提供する。主に、LINEと連携した新しい採用管理システム『next』の提案を行い、商談力を身に付けていく。

未知の分野への挑戦

ソフトバンクでは、複数の店舗を経験させていただきました。アロージャパンとして初進出となる東海エリアでの出店が決まった時は、名古屋駅前店の立ち上げメンバーに選んでいただいたんです。その店舗では、“人材育成の道場”というテーマを掲げていたので、成長したメンバーはどこでも活躍できる人材になって会社全体を活性化させていくというビジョンがありました。ある日、next事業部の事業拡大のため、一緒に大きくしていかないかと私にお声かけいただきました。採用領域という未知の世界、BtoBということに不安はありましたが、挑戦したいという気持ちが高まり、異動を決意しました。

失敗も糧に、チャレンジできる環境

next事業部はまだまだ発展途中の部署です。基本的に経験したことのないことばかりで、手探りで行っているので正しいのか間違っているのかも分かりません。ただ、正解がないからこそいろんなことにチャレンジできるという面白さもあります。仮説を立てて、考えたことを正解にしていくのも自分次第なんです。失敗しても、その経験を活かして次に繋げていく、成功した要因は何だったのかを追求する。そうやってチームのメンバーと試行錯誤しながら一緒に作っていける環境はなかなか味わえないものだと思います。

先輩からしてもらったことを後輩へと繋げていきたい

アロージャパンは成長できる機会がたくさんある会社です。それは“人”を大切にしている上村社長のお考えで、そういった環境を提供してくださっているのだと感じています。例えば、挙手制で参加できる研修制度や、自分のやりたい仕事を自己申告できる『ジョブエントリー制度』などがそうです。また、仲間を思い本気で向き合ってくれる人がたくさんいます。ここまでメンバーのことを気にかけてくれる人がいる会社って他にあるのかなと、入社した当初から思っていました。私も、今まで先輩からしてもらったことを後輩に繋いでいき、会社に恩返しできるようにしていきたいです。

一日の流れ

出社

朝礼

営業ミーティング

企業訪問

ランチ

企業向けセミナー運営

業務報告・振り返り

退社