Telex-kansai corporation/Arrow-japan corporation

奥村亮太RYOTA  OKUMURA

スタッフを一番愛している人間が店長である

奥村亮太

販売職

2014年入社

自動車販売メーカーに10年勤めた後、視野広げたいという思いから転職を決める。そんな中、アロージャパンと出会う。「モバイル業界をもっと“輝ける”業界に変えたい」という安東副社長の思いに惹かれ、入社を決意。

キャリアサマリー

販売スタッフ

入社後、auショップへ配属。販売のプロフェッショナルとしてお客様一人ひとりと向き合い、商材やサービスの提案を行う。型にハマった提案ではなく新たな価値を提供することで、商談力や提案力はもちろん、人間力を身に付けていく。

店長代理

コミュニケーション能力が評価され、副店長へ昇進。
店長の右腕でとして、店長不在時の責任者として、チーム全体へ指揮を取りながら店舗が円滑に回るようにマネジメントを行う。
スタッフと面談を行いながらコミュニケーションを取り、面談力を磨いていく。

店長

店長代理としての経験が評価され、店長へ昇進。
会社のトップである社長と同じ視点を持ち、店舗マネジメントや人材育成を行う。
チーム全体に会社としての方向性を示しながら、目標達成へと導いていく。
現在も、マネジメント力を磨きながら店長として奮闘中。

アロージャパンだからこそ気づくことが出来た

以前働いていた自動車販売メーカーでは、10年間会社の利益になる事だけを考え、必死に車の営業や整備をしてきました。ですが、私は沢山いる社員の中の一人であり、私個人の能力を評価として認められることがありませんでした。そんな環境を変えたくて、転職を考えてえている時にアロージャパンと出会いました。面接を重ねるたびに、私自身に興味を持って話を聞いてくださるのが伝わってきました。「ここなら自分が輝けるかもしれない」と感じ、入社を決めました。

アロージャパンで輝く未来をみんなに掴んでほしい

店長という役職を頂いてからは、頭を抱える日々が続いていました。特に、スタッフ同士がうまくいっていない時は、自分は責任者に向いていないのではないかと思うこともありました。その時に、支えとなったのが「店のスタッフを一番愛している人間が店長だ」という上司の言葉です。スタッフ一人ひとりと向き合い、一緒に乗り越えることで、私自身も成長することができました。そこで、店長は自分でなるものではなく、みんなが私を店長にしてくれているんだと気付かされました。店長の役割として必要だと思っているのは、働いているスタッフの事をどれがけ考えられるかということです。私が働くスタッフの未来を扱っているのだという意識を忘れず、これからも関わっていきたいと思います。

想いを大切にしている会社だからこそ

家族や身内に誇れるような自分でありたいと思っています「この会社で働いてこんな成長することが出来た」と胸張って言えるよう、店長としての役割を全うしています。
今までは自分の気持ちを伝えることは苦手でしたが、アロージャパンに入社してから“想い”を伝えることを大切にするようになりました。会社の方向性であったり、店長として店舗をどうしていきたいかであったり、マインドの部分です。今、私がスタッフへ伝えていることを、そのスタッフが部下や後輩ができたときにも伝え、続いていって欲しいと思っています。

一日の流れ

オープン

店舗管理、接客業務

お昼休憩

接客、社員とのコミュニケーション

退社