Telex-kansai corporation/Arrow-japan corporation

古川雄敬TAKENORI FURUKAWA

一人ではなく、みんなでつくりあげることに意味がある

古川雄敬

販売職

2016年入社

大学卒業後、新卒でアロージャパンに入社。上村社長のもとで働きたいという想いや、生き生きと楽しそうに働いている社員の姿をみて入社を決意。

キャリアサマリー

販売スタッフ

入社後、ソフトバンクショップへ配属。販売のプロフェッショナルとしてお客様一人ひとりと向き合い、商材やサービスの提案を行う。型にハマった提案ではなく新たな価値を提供することで、商談力や提案力はもちろん、人間力を身に付けていく。

店長代理

コミュニケーション力が評価され、店長代理へ昇進。
店長の右腕でとして、店長不在時の責任者として、チーム全体へ指揮を取りながら店舗が円滑に回るようにマネジメントを行う。
スタッフと面談を行いながらコミュニケーションを取り、面談力を磨いていく。

店長

店長代理としての経験が評価され、店長へ昇進。
会社のトップである社長と同じ視点を持ち、店舗マネジメントや人材育成を行う。
チーム全体に会社としての方向性を示しながら、目標達成へと導いていく。現在も、マネジメント力を磨きながら店長として奮闘中。

どんなときでも対等な関係であり、本気で向き合ってくれる会社

入社して直ぐの頃は何の考えもなしに「半年で店長になる!」と言ってしました。もちろん、現実はそう甘くなく、学生と社会人の責任の差や厳しさを感じていました。そんな時に、手を差し伸べてくれたのが当時の店長です。今の自分に何が足りていないのか、どうすれば目標へ近づくことができるのか、納得できるように伝えてくれました。本気で向き合って下さったおかげで、「またここから頑張ろう!」と前を向くことができ、今では役職をいただく立場にまでなれたと思っています。

誰もが輝ける環境がある

入社当初、「私には夢や目標はないし、リーダーにも興味ない」と言っていた女性スタッフがいました。しかし、先輩や同僚との関わり合っていく中で責任感や向上心が芽生え、『良いお母さん』になりたいという目標を持つようになりました。それから、リーダーの仕事に興味を持ち始めるようになったんです。みるみるうちに成長を遂げ、24歳で店長代理に昇進していました。自分自身を磨きながら、周りにも影響を与えていた彼女の姿は本当に輝いていました。アロージャパンでは年齢も性別も一切関係ありません。一人一人の想いを尊重してくださり、それを実現できる環境があるというのは改めて素敵だなと感じました。

一人ではなく、みんなでつくりあげることに意味がある

店長になってからは今まで以上に仲間の大切さというものを実感しました。結局自分一人ではどうにもならないんです。みんなで助け合いながら一つのチームとして動いているからこそ成り立っているし、学びや成長が生まれるのだと思います。チームを良い方向に導いていくのは難しくもあり面白いところでもあります。大切な仲間の想いをいかに尊重し、どうすればもっと魅力を引き出せるか。ワクワクしながら考える毎日です。