Telex-kansai corporation/Arrow-japan corporation

北村ゆかりKITAMURA YUKARI

自身の経験を活かして
女性が働きやすい環境をつくっていきたい

北村ゆかり

コーポレート職

2010年入社

高校卒業後、接客業を中心としたアルバイトを行う。20歳を機に長く続けれる会社へ勤めようと就職活動を行なっていた時にアロージャパンと出会う。社長と話をした中で「自分の行動次第で自分にしか出来ない仕事を見つけられる」という言葉に惹かれ、入社を決意する。

キャリアサマリー

販売スタッフ

入社後、ソフトバンクショップへ配属。販売のプロフェッショナルとしてお客様一人ひとりと向き合い、商材やサービスの提案を行う。型にハマった提案ではなく新たな価値を提供することで、交渉力や提案力、人間力を身に付けていく。

店長

販売スタッフとしての経験が評価され、店長へ昇進。会社のトップである社長と同じ視点を持ち、店舗マネジメントや人材育成を行う。チーム全体に会社としての方向性を示しながら、目標達成へと導いていく。

スーパーバイザー

複数店舗を統括し社員の育成を行いながら店舗運営における戦略的なアドバイスをするマネージャー。店舗の枠を超え、いち幹部として的確な知識やノウハウを伝えることで組織単位で成長に導いていく。

産休・育休

第一子誕生により産休・育休を取得

リーダー

育休から復帰後、コーポレート職である人財開発部・人財戦略課へ。これまでの経験を活かし、チームリーダーとしてマネジメントや人材育成を行いながら、採用計画や数値の分析など採用担当のサポートを行う。採用戦略課と一体となって、採用成功へ導いていく。

産休・育休

第二子誕生により産休・育休を取得

役員秘書付 兼 リーダー

育休から復帰後、コーポレート職で新たな事業部である情報セキュリティ部のリーダーとして立ち上げから携わる。役員秘書業務と兼務しながら社内のセキュリティ強化や助成金に関わる業務を行う。

女性が働きやすい環境を。悩んだ経験から立ち上げたプロジェクト

入社5年目、役職も上がり仕事にやりがいを感じていました。「もっと頑張っていきたい」そう思っていた時に、妊娠が分かりました。当時は、結婚や妊娠を機に辞める女性が多く、産休・育休を経験したスタッフはいませんでした。正直、私も出産後も仕事を続けられる自信はなかったです。そんな時、社長から「今後、子育てしながら働く女性は必ず増えてくる。その時に、北村さんにしかできないことがきっとあるから」と声をかけていただきました。復帰後に、働く女性のために私ができることは何か、そう考えて立ち上げたのが『HAPPY LIFE PROJECT』です。自分自身が悩んだことを活かし、女性が働きやすい環境や制度を整えています。

仕事への思い、母親としての思い

育休から時短社員で復帰した時、仕事と家庭の両立についてすごく悩みました。これまで仕事をがむしゃらに頑張ってきたからこそ、これからは母親として子供と過ごす時間を一番大事にしたいと思っていました。ただ、家庭を優先したいいう気持ちと同時に、こんな思いで仕事をしていいのだろうかという後ろめたさもありました。そんな時に、上司から「自分の価値を仕事にしよう」と言っていただきました。働く時間が短くても、今までやってきた経験を強みに、仕事のレベルを保つ意識をすると自然と後ろめたさも薄れていきました。価値軸でみてくださる会社だからこそ、仕事も楽しく、家庭の時間も大切に出来ているのだと思います。

一人ひとりの可能性を信じ、見出してくれる

もともと、私は店長や管理職になりたいとは思っていませんでした。店舗の責任者をやってみないかとチャンスをいただいたことがきっかけで、自分自身の視野も行動も考え方も変わっていきました。今思えば、私の可能性を見出してくれたのだと思います。この会社でないと、きっと今でもマネジメントの楽しさを知ることはできなかったと思っています。また、結婚や出産などのライフステージの変化で不安な時も、個人のために時間を作ってくれ、会社としてどう動いていくのかを具体的に考えてくださいました。一人ひとりと向き合ってくれる環境がある、だからこそ私は今でもこの会社で働き続けているのだと思います。