Telex-kansai corporation/Arrow-japan corporation

出崎菜津美DESAKI NATSUMI

失敗したことで得られた価値あるもの

出崎菜津美

コーポレート職

2017年入社

なんとなくでやっていた就職活動だったが、アロージャパンと出会って社会人のイメージが180度変わる。会う社員みんなが心から仕事を楽しんでいる姿を見て、自分自身もその一員になりたいと感じ、入社を決意する。

キャリアサマリー

人財開発部 採用戦略課

入社後、コーポレート職である人財開発部・採用戦略課へ配属。採用計画に基づき、会社が必要とする人材を採用するための活動を行う。インターンシップの企画・運営、就職イベントへの出展、セミナーや選考会の実施、面談や内定後のフォローなど、活動内容は多岐にわたる。

失敗したことよりも挑戦した自分を褒めてくれた先輩

インターンのファシリテーターとして初めて登壇した時のことは今でも忘れられません。当日を迎えるまでに何度も先輩の登壇する姿を見て練習を重ね、「本番も練習通りにやれば大丈夫」。そう思い前に立った途端、緊張で言葉が出てきませんでした。私は初めてのことも練習すれば何事も上手にこなせるタイプだったので、こんなに辛くて悔しい気持ちは初めてでした。登壇後、怒られると思い覚悟して先輩へフィードバックをもらいに行くと、「よくやった!」と褒めてくれました。驚き理由を尋ねると「どんなに辛くても最後まで逃げ出さずにやり切った」と答えてくれました。その後も、何度か登壇の機会をいただきましたが、私の失敗に怒ることはありませんでした。細かく指導し練習に付き合ってくれた先輩のおかげで次の登壇では見事に練習通り上手に喋ることができました。あの時、先輩がいたから今は自信を持って登壇できています。

後輩のためにも自分が成長し続けていたい

私が人材育成において一番意識していることは、自らが成長し続けることです。「自分を超える人材を育成することは不可能に等しい。だから自分自身のためだけじゃなく後輩のためにも成長し続けたい。そうでないとせっかく自分の下についてくれた後輩に失礼だから」これは先輩仰っていたことです。これを聞いたときはかっこいいなくらいにしか思えていませんでした。ですが、後輩を持つ立場になった今、先輩が仰っていたことの意味が本質的に理解できるようになりました。育成を任せて頂いているということは、後輩の社会人人生を預かっているということです。私自身が現状で満足せず成長し続けることで、後輩に学びを与えられる量が変わってきます。私の後輩でよかった。そう思ってもらえるようにまずは私自身が前を向き成長し続けられる存在になりたいです。

自分の思いを知ってもらえる環境がある

アロージャパンは社員の思いを汲み取ってくれる会社です。月に1度の面談や、直接社長や幹部陣に声を届けることが出来る『+V O I C E(プラスボイス)』制度、やりたい仕事を自己申告できる『ジョブエントリー』制度など、この会社には自分自身の思いを知ってもらえる環境と経験値問わずチャレンジさせてもらえる制度があります。私自身、1年目の後半に関東の採用担当を1人で任せていただきました。自分の挑戦したい思いを何度も伝えたところ、私の言葉を信じて任せてくれました。大事な採用という仕事をまだ1年目の社員に1人で任せて頂ける会社は他にはないと思います。1人とはいえ、支えてくれて力を貸してくれる人はたくさんいました。だからこそ目標も達成することが出来たのだと思います。若手の思いにも耳を傾け後押ししてくれるところが本当に素敵だと思います。

一日の流れ

出社

朝礼

学生と面談

ランチ

採用ミーティング

インターン打ち合わせ

学生へ連絡・業務報告

退社