Telex-kansai corporation/Arrow-japan corporation

冨永心大TOMINAGA SHINTA

自分で立ち上げたプロジェクトが事業の柱に

冨永心大

コーポレート職

2018年入社

大学3年生の夏にアロージャパンのインターンシップに参加し、会社の魅力を知る。複数の社員から話を聞くうちに「この会社なら自分次第でどんな未来も描ける」と思えたため、入社を決意する。

キャリアサマリー

人財開発部 採用戦略課

入社後、コーポレート職である人財開発部・採用戦略課へ配属。採用計画に基づき、会社が必要とする人材を採用するための活動を行う。インターンシップの企画・運営、就職イベントへの出展、セミナーや選考会の実施、面談や内定後のフォローなど、活動内容は多岐にわたる。

next事業部 Sales&CustomerSuccess課

コーポレート職であるnext事業部・営業課へ異動。企業の抱える問題や課題を引き出し、自社のサービスや商材を含めてソリューションを提供する。自社で培った採用ノウハウを活かし企業の採用成功へと導く。商談力や交渉力、ヒューマンスキルを身に付けていく。

自分のチャレンジを会社が応援

入社後、新卒採用担当として採用戦略課に配属されました。採用活動を行う中で、自分の活躍の幅を増やしたいという想いから長期インターン生の組織をつくり、関東でイベント事業を立ち上げました。アロージャパンはかなり前向きに新しいチャレンジを応援してくれる環境があるため、「その取り組みを大きな柱にしてほしい」と異動の通達をいただいたんです。異動してすぐは新規に立ち上げた事業ということもありやることは山積みで、仕事を回しきれない自分に無力さを感じました。部署関係なくたくさんの方に支えていただいたので、今でも感謝はつきません。私のチャレンジを会社全体で支えてくれたからこそ、今があると思っています。

チームで乗り越えたからこそ掴み取ったもの

年に一度、部署や個人の年間の取り組みを表彰する式典“イノベーションセレモニー”が行われています。入社して初めての年、私が所属していた採用戦略課は会社で二番目に栄誉のある賞を獲得しました。しかし、最初から良いチームだったわけではありません。入社当初はぶつかることも多く、時にはチームのメンバーが信じられなくなる瞬間もありました。そんな時でも、上司や先輩が私の意見を受け止めてくださり、チーム全体がお互いを理解し合えるまで向き合い続けてくれました。仲間の深い部分に踏み込むのには勇気が必要です。しかし、チームで乗り越えた経験があったからこそイノベーションセレモニーの壇上に立つことができたと思っています。

どこに行っても通用するヒューマンスキル

アロージャパンの良さは、“どこの会社に行っても通用するレベル”でのヒューマンスキルを日々の業務で磨けることだと思っています。研修プログラムが充実しているので、1年目からテクニックやノウハウは学ぶことができますが、インプットだけではなく実践でアウトプットできるのが大きいです。他企業の方と関わると「アロージャパンの社員さんって、なんで若手から仕事できる方ばっかりなんですか?」なんてよく言われますが、最初からできる人は一人もいなくて。1対1で先輩社員が後輩のパートナーになるブラザーシスター制度など、人を育てる仕組みが充実しているからこそ、魅力的な人間が育っていくのだと思っています。

一日の流れ

出社

朝礼

営業ミーティング

就活イベント打ち合わせ

ランチ

イベント運営

退社