Telex-kansai corporation/Arrow-japan corporation

佐々木晃樹SASAKI KOKI

満足を超えた“感動”を提供し続けたい

佐々木晃樹

コーポレート職

2018年入社

「プロレスの良さをもっと日本に広めていきたい」という夢を持ち、就職活動中を行っている中、就活イベントでアロージャパンと出会う。選考時に、自身の夢を応援してくれた唯一の企業で、この企業なら自分のやりたいことを叶えられると思い、入社を決意する。

キャリアサマリー

next事業部 Sales&CustomerSuccess課

入社後、コーポレート職であるnext事業部・営業課へ配属。企業の抱える問題や課題を引き出し、自社のサービスや商材を含めてソリューションを提供する。主に、LINEと連携した新しい採用管理システム『next』の提案を行い、交渉力や人間力を身に付けていく。

自分の視野を広げてくれた同期の存在

私は、就活を行うまで世間のことも知らず、狭い視野でしか動いていませんでした。そんな私に対し、良い部分も悪い部分も包み隠さず伝えてくれたのが同期です。実は、私がアロージャパンの選考に参加した時、すでに内定をもらっていた同期が運営のサポートとして参加していたんです。こんな仲間と一緒に働くことができれば、自分がもっと成長できると思い、入社を決めました。また、私は「プロレスの良さをもっと日本に広めていきたい」という夢を持っています。どの企業の面接でも、必ずそのことを伝えていました。笑われることや叱られることもありましたが、唯一この会社は応援してくれました。人の夢を本気で応援できる、とても素晴らしい環境だと感じています。

周りと比べるのではなく、一歩ずつ自分のペースで

入社当初は、不安もありましたが、それとともに期待も大きくありました。しかし、月日が経つにつれ、焦りとプレッシャーを感じるようになりました。別の部署に配属された同期と自分を比較してしまっていたんです。売上を上げている店舗のメンバー、学生の前で堂々とプレゼンをしている人事のメンバーを見て、負い目を感じていました。自分が何のために働いているのか分からなくなる時も。そんな時に、上司から「結果なんて求めてないから、気負わなくていい」と言っていただき、自分にできることから少しずつやっていこうと思うことができました。常に厳しく、絶対に見捨てない上司がいてくれたからこそ今の私があります。

満足を超えた“感動”を体験

私は、法人営業の仕事をしています。はじめは、売上を上げることが自分のやりがいに繋がるのものだと思っていました。もちろん、売上を上げると目に見える結果として現れるので、満足感はあります。しかし、私が担当した企業様の解約が2件続けて入ってしまったことがきっかけで、自分の営業のあり方を見つめ直すようになりました。それからは、お客様のお役に立てることは何なのかを考え、提案するようにしていきました。すると、「佐々木さんのおかげで成果ができました。本当にありがとう」と言われることが多くなったんです。その瞬間、満足感を超えた“感動”を覚えました。これからも、お客様のことを第一に考え提案していきたいと思います。

一日の流れ

出社

朝礼

営業ミーティング

ランチ

A社訪問

B社訪問

業務報告・振り返り

退社