Telex-kansai corporation/Arrow-japan corporation

五十嵐 諒MAKOTO IGARASHI

下を向かず、立ち止まらないこと。

五十嵐 諒

販売職

2016年入社

就職活動中に、合同説明会でアロージャパンと出会う。会社のプレゼンに心が引き込まれ、選考に進むことを決める。選考に進むにつれ、アロージャパンの社風や人に惹かれ入社を決意。販売職からスタートし、現在では店長として活躍中。

キャリアサマリー

販売スタッフ

入社後、ソフトバンクショップへ配属。販売のプロフェッショナルとしてお客様一人ひと
りと向き合い、商材やサービスの提案を行う。型にハマった提案ではなく新た
な価値を提供することで、商談力や提案力はもちろん、人間力を身に付けてい
く。

店長代理

販売スタッフとしての経験が評価され、店長代理へ昇進。店長の右腕でとして、店
長不在時の責任者として、チーム全体へ指揮を取りながら店舗が円滑に回るよ
うにマネジメントを行う。スタッフと面談を行いながらコミュニケーションを
取り、面談力を磨いていく。

店長

店長代理としての経験が評価され、店長へ昇進。会社のトップである社長と同
じ視点を持ち、店舗マネジメントや人材育成を行う。チーム全体に会社として
の方向性を示しながら、目標達成へと導いていく。現在も、マネジメント力を
磨きながら店長として奮闘中。

ユニークでアイデア溢れる選考会が出会い

いくつかの会社に内定を頂いていたものの納得できず、周りも就職活動を終えている時期に合同説明会に参加することにしました。会場を回っていたところ、ブースに呼び込まれたので何気なく話を聞いたのがアロージャパンでした。そこで、人事の方がとても楽しそうに話されていたのが印象的だったのを覚えています。大抵の会社はプレゼンを聞いても、表面的な部分しか見えてきませんでしたが、アロージャパンのプレゼンは、働く自分たちが楽しむだけではなく、就活生である学生も楽しませたいという想いが込められていました。その一つに、脱出ゲームをモチーフにした『サバイバル選考』というユニークな選考会があります。初めて聞いたときは「何それ!?」と思いましたが、実際に参加すると選考ということも忘れ、素直に楽しんでいました。

キャリアアップを目指したいと思ったきっかけ

私が新卒1年目の時に配属先された店舗は責任者がいませんでした。キャリアの長いスタッフが責任者の代わりに管理業務を行い、とても忙しそうにしていたのを覚えています。そんな先輩を助けたい、誰か一人に負担を掛けたくないと思ったのがきっかけで、私も「販売以外の業務を覚えたい」と思うようになりました。自分が管理業務も出来るようになった頃には、楽しさや面白さも感じられるようになっていったんです。店舗を任せてもらえる立場になりたいと、責任者を目指すことを決めました。現在は、店長としてお店を任せてもらえる立場になりましたが、まだまだ私も勉強中です。もっと良いお店を目指し、精進していきたいと思います。

立ち止まっている人の手を引っ張っていける存在に

入社当初は、成長のためにと焦って誤った目標設定をしてしまったり、そもそもの目的を見失ってしまったり、空回りしている自分がいました。立ち止りそうになることも何度もありました。そんな私を見捨てることなく向き合ってくれたのは、上司やチームのみんなです。 “ヒト”に恵まれ、たくさんの経験をさせていただく中で「下を向かず立ち止まらないこと」を意識するようになりました。それから実績や成果にも現れ、周りに認めてもらえることも増えてきたと思っています。立ち止まっている人や戻りそうになっている人を見つけたら、今度は自分が引っ張っていけるような存在になっていきたいです。