Telex-kansai corporation/Arrow-japan corporation

2018年2月9日

お客様想いのお店になるために

先日、KDDI様をお招きし、

弊社代表取締役上村と専務取締役蓬莱を前に

au守口南寺方 店を代表して

関 陽平店長、大坂 栄梨香さん、西 明穂さん、亥角 知菜さんが

自店舗で取り組んでいるCX活動についての

発表プレゼンテーションを行いました。

image (29)


CXとは

接客業務一般において心がけるべきとされる

CS:顧客満足度(Customer Satisfaction)

CSをさらに上回る

CX:顧客体験価値(Customer Experience)


顧客感動体験の提供に取り組んでいる

au守口南寺方 店の大坂さんにインタビューしました!

Q.CX活動としてどういった取り組みをされていましたか?

A.まず、このCX活動に注力していくことになったのは

 およそ18ヶ月前ほどに、KDDI様に

 選出していただいたことがきっかけでした。

 一年目はKDDI様のご協力のもと、

 CX活動に従事してきましたが、この半年余りは

 自分たちで何ができるか、どうすればお客様は

 満足以上のお気持ちでお帰りいただけるか

 ということを追求し、「気付きメモ」という

 取り組みを行いました。お客様目線から、

 お客様とひとえに言ってもお子様からご高齢な方まで

 老若男女、様々なお客様がいます。

 そういった様々なお客様に寄り添った目線を持つよう心がけ

 気付いた所に関してメモを残すよう活動しました。

 「気付きメモ」を用いてこの半年間、毎週欠かさずMTGを行い、

 今日よりも明日、もっと良い店舗になるように

 PDCAサイクルを回し続けました。

 そういった継続を今回評価していただけたと思います。

image (30)

Q.今後の目標はありますか?

A.常日頃から、お客様に

 「もっと喜んでもらうためには」という

 着眼点を持って接客に望んでいます。

 こういったCX活動に従事するauショップは

 多くはありませんが、他にも存在しています。

 KDDI様のご指南のもと行うパッケージはあるのですが

 私たちのお店でしかできないこと、

 お客様に寄り添ってお客様想いのお店を作りたいです。

 また、お客様ももちろんですが、これから

 新卒社員が入ってきたり、他店からヘルプで

 応援が来てくれることも多々あります。

 そこで会社内からも応援される、好きになってもらえる

 スタッフもお客さんからも愛されるお店になる。

 それが今の私たちの目標です。

image (34)

全国のauショップの中でも、Telex & Arrow でも

CX活動を牽引して行なっていくau守口南寺方 店の

今後の躍進に期待しております!

Writer : k5、